ギトギトした頭皮にならないために必要な事は?

ギトギトした頭皮にならないために必要な事は?

頭皮や髪が油っぽくなりすぎた場合には、ギトギトした頭皮や髪になりやすい事もあるようです。シャンプーなどを良質なシャンプーを使用して髪や頭皮を洗う際には、頭皮ケアに繋がる洗い方が大事になってきます。

 

頭皮を洗うというのがやっぱり大事で、髪のみを洗ってしまうと頭皮の汚れが取れない場合もあります。

 

カラーリングやパーマなどで髪が傷んでいる場合に、髪のみを洗っていると髪のコシなどがなくなりやすいので、髪の立ち上がり感がなくなりやすく、髪がペタンとしやすいのがあるかもしれません。

 

頭皮の洗い方が万全であってもすすぐ際にすすぎ残しなどがあるとシャンプーの洗浄成分など頭皮への刺激となりやすい成分が頭皮に留まりやすいので、頭皮が荒れる原因にもつながりやすいです。

 

シャンプーのすすぎ残しに注意しましょう

ギトギトした頭皮にならないために必要な事は?

またシャンプーのし過ぎは、頭皮の皮脂を浮かして落とすシャンプーの特性上洗った後は頭皮が乾燥しやすいので、頭皮が乾燥している状態が結構増えるので、皮脂量が増えてギトギトした頭皮や髪に繋がりやすいようです。

 

ギトギトした頭皮になりやすい頭皮の荒れですが、シャンプーのすすぎがしっかりできていても、スカルプケアの製品ではシャンプーとセットになっているコンディショナーやトリートメントなどすすぎが必要な製品のすすぎ残しも頭皮に影響が出やすい場合もあるようです。

 

トリートメントやコンディショナーは髪の補修などを行う製品なので、頭皮には直接つけることが基本的にはない製品です。

 

しかし洗い流す必要があり、すすぎの回数はシャンプーに比べると少ない傾向にあります。

 

しかしすすぐ際には頭皮にかかるので、頭皮にトリートメントやコンディショナーの成分が残りやすいので注意が必要な場合があります。天然成分のみで構成されているコンディショナーやトリートメントはまずあまり多くはないので、しっかりすすぐというのも大切な感じがしますね。

油っぽい頭皮の臭い改善に良いスカルプ脂性シャンプーで人気なのは?

 

ギトギトした頭皮にならないために必要な事は?おすすめ記事