市販で良くシャンプーに使用されている洗浄成分は?

市販

市販シャンプーでよく使用されている洗浄成分は高級アルコール系と呼ばれる洗浄成分をよく使用されています。

 

ラウレス硫酸・パレス硫酸がほぼ主力となっていますが、ナトリウム(塩)・アンモニウム・Kなどそれぞれ違いはありますが、どれも比較的洗浄力が強く刺激が強いと言われています。

 

一部ベースの洗浄成分ではなくラウリル硫酸が使用されていますが、脱脂力とタンパク質変性作用が強いと言われています。今ではラウレス硫酸をベースにアミノ酸系洗浄成分で刺激を緩和してあるシャンプーも多くなってきました。

 

アミノ酸系洗浄成分の使用されるパターンとして硫酸系ベースのタンパク質変性作用で髪や頭皮を痛めがちです。

 

特にベタイン系は髪の補修作用もあり、硫酸系洗浄成分ともくっつきやすいので刺激緩和で使用されるケースが多くなってきました。高級アルコール系を使用しているシャンプーにはタンパク質変性作用などがありますが、特に頭皮が強い方や髪や頭皮に問題がないと言う場合には価格面で見ても使用されるメリットはすくなからずありますから使用して行くと良いと思います。

 

ただ育毛と言う観点で見ると頭皮が洗浄力や脱脂力に負けている状態なので使用と言う面では適さない場合があります。