市販系シャンプーは刺激が強かったり弱かったり多岐にわたる?

市販系シャンプー

男性では市販シャンプーでも抜け毛予防などを意識している事が多いそうです。

 

20代に限ればすくなからず将来の抜け毛や薄毛に半数以上が不安に感じているそうです。

 

よって市販シャンプーで売られているシャンプーでは男女兼用が多いです。また、ほぼ女性向けというのが多いわけですが、髪をツヤツヤさせるという目的が強くシリコンなどが豊富ですよね。

 

逆に市販系のシャンプーでは頭皮の環境を改善したりフケ・かゆみを抑える成分として最近スカルプケアなどの目的のシャンプーに多い和漢エキス(センブリエキス・甘草エキス)などが配合されていない事が多いです。配合されていても洗浄成分以外の刺激となる成分は配合されているままというのもあり、原価が安いというのは悪い事ばかりではありませんが、抜け毛とか頭皮ケアを考えると他のシャンプーを検討すると良い面があります。

 

やはり髪の補修作用であるコラーゲンなどの配合も多いんですよね。

 

また男性向けのシャンプーではべたつきという男性ホルモンの影響で皮脂量が多いのですが、洗浄力がある程度あるのは好ましいと思う訳ですが、頭皮に対しての刺激性が非常に強い面があります。

 

市販シャンプーと育毛では頭皮トラブルや頭皮が弱い方も比較的多いのですが、エタノール1つにとっても配合量が多かったりします。

 

エタノールは刺激性でもっと頭皮に刺激を与えて育毛効果を促す事もありますが、粘膜などの刺激が強いので頭皮がある程度強い方向けです。

 

逆に女性用育毛剤では頭皮のエイジングケアと言う観点から乾燥している人も多いので男性用とは違いエタノール量が少ない製品が多いです。