油っぽい頭皮の臭い改善に良いスカルプ脂性シャンプーで人気なのは?

投稿記事の一覧

 

投稿記事の一覧について

 

油っぽい頭皮の臭い対策のスカルプケア方法

2019年」「2019年03月27日
テストステロンが男性ホルモンの代表格ですが、5αリダクターゼという酵素と結びついてジヒドロテストステロンになることで髪の成長を阻害して薄毛になっていきます。女性にも男性ホルモンは存在しますし、男性にも女性ホルモンが存在します。男性の場合には女性ホルモンはあまり使い道がないので骨密度を維持するために使われます。女性の場合には男性ホルモンも少し存在しますが、体毛などに関係しています。やはり皮脂量は男性の方が多いので、皮脂に関係する雑菌や雑菌自体が繁殖する事で皮脂の傷みが早くなり臭いなども出やすくなります。元々皮脂は頭皮を含めた身体を守る役割もあるので、衝撃などを和らげるという事もあります。また外部の臭いを含めた汚れなども吸着してしまうため。必ずしも頭皮の臭いは内部要因だけと限らない場合もあります。皮脂自体が酸化する事で臭いを放ちやすくなります。リンゴなど少し外に置いておくと柔らかく色が変色しますが、同じような事が言えます。年齢と共に雑菌などが繁殖しやすくなるのは、若色に比べると内臓なども関係してくるので、致しかないところもあるんですよね。


油っぽい頭皮の臭い対策のスカルプケア方法

 

 

頭皮ケア向きのアミノ酸系シャンプーの特徴は?

2019年」「2019年05月03日
スカルプシャンプーでもアミノ酸系洗浄成分を使用したシャンプーが増えてきました。頭皮ケアに向いているシャンプーでもほとんどがアミノ酸系シャンプーになってきています。その中でもメーカーなどでも違いがあったりします。大きな違いというのはそれほどないかもしれませんが、主に育毛などに関連する企業が開発したアミノ酸系シャンプーが該当するでしょう。今では発毛剤など医薬品を開発するメーカーが育毛剤などを使用する前に良いアミノ酸系シャンプーやAGAクリニックなどもアミノ酸系シャンプーなど販売していたり医師が監修しているタイプがあります。そのほかに美容室関連のメーカーが開発した頭皮ケア向きのシャンプーなど違いがあるでしょう。美容室向けのシャンプーの方が頭皮ケア以外にヘアケアにも効果的なシャンプーが多いのが特徴的です。つまりカラーした状態などでも使いやすく頭皮ケアも出来る成分にもこだわっているというのが特徴な点です。


頭皮ケア向きのアミノ酸系シャンプーの特徴は?

 

季節ごとに使っているシャンプーは変えたほうが良いの?

2018年」「2018年12月21日
季節ごとにシャンプーを変えるというのは良い事なのでしょうか?私の場合には、シャンプーがなくなったら買うというのを繰り返しているので、どの時期にシャンプーがなくなりやすいかというのを把握していないので、かなり大雑把に買う時の季節というので変えたりすることはあまりないかもしれません。しかし日本の場合には、気温の変化以上に湿度などが影響しやすいので、夏場は湿気が強いので、サッパリしたい傾向があるかもしれません。冬は乾燥していて寒いので、メントールとかひんやりするハッカなどが配合されているシャンプーというのは使いずらいかもしれませんね。頭皮のトラブルというのも抜け毛の場合にはAGAである場合には、1年じゅう抜け毛が増えるので、季節に関係なくシャンプーを選んでいくのが大事かもしれません。


季節ごとに使っているシャンプーは変えたほうが良いの?

 

 

 

染毛剤にアレルギーなどはあるの?

2018年」「2018年07月21日
染毛剤に含まれている成分でアレルギーなどが出る場合があると言われています。ジアミン系と呼ばれる成分が特にアレルギー反応が出やすいと言われています。どのようなアレルギー症状が出るかというと急性のショック症状が出やすいと言われています。このジアミン系の成分では、パラフェニンレンジアミンと呼ばれる成分が代表的とも言われています。急性のショック症状というのがあるので、注意が必要なアレルギー反応とも呼ばれています。呼吸困難や粘膜の痛みなどもあるので注意が必要です。アレルギー反応の怖いところは抗体などが出来ると症状が重く出やすいというのもあります。


染毛剤にアレルギーなどはあるの?

 

馬油シャンプーは頭皮の油っぽさを解消しやすい?

2017年」「2017年05月15日
馬油シャンプーは頭皮のスカルプケアに活用しやすい面がありますが、馬油は、動物性油なので、肌なじみが良いと言われているけど皮脂量が多い脂性の場合に脂分をプラスする事は良いことがあるのか疑問に感じることがあるかもしれません。料理に例えると油分を余計に多くすることで料理自体が油っぽくなってしまうので、美味しさが半減してしまうという事があるかもしれません。元々皮脂量が多くなるのは、皮脂腺が活発になっているというのも考えられますが、皮脂量が多くなる理由としては、習慣要素としては、シャンプーで頭皮を洗い過ぎたりする場合には、頭皮が乾燥してしまうので、皮脂量が多くなるというのが考えられます。また抜け毛などの原因となるジヒドロテストステロンも男性ホルモンの変化型なので、AGAなど男性型脱毛症になると皮脂量も多くなる傾向があります。


馬油シャンプーは頭皮の油っぽさを解消しやすい?

 

ギトギトした頭皮にならないために必要な事は?

2016年」「2016年07月09日
頭皮や髪が油っぽくなりすぎた場合には、ギトギトした頭皮や髪になりやすい事もあるようです。シャンプーなどを良質なシャンプーを使用して髪や頭皮を洗う際には、頭皮ケアに繋がる洗い方が大事になってきます。頭皮を洗うというのがやっぱり大事で、髪のみを洗ってしまうと頭皮の汚れが取れない場合もあります。カラーリングやパーマなどで髪が傷んでいる場合に、髪のみを洗っていると髪のコシなどがなくなりやすいので、髪の立ち上がり感がなくなりやすく、髪がペタンとしやすいのがあるかもしれません。頭皮の洗い方が万全であってもすすぐ際にすすぎ残しなどがあるとシャンプーの洗浄成分など頭皮への刺激となりやすい成分が頭皮に留まりやすいので、頭皮が荒れる原因にもつながりやすいです。


ギトギトした頭皮にならないために必要な事は?

 

育毛サプリが人気になってきている理由は?

2015年」「2015年10月09日
育毛サプリは、育毛シャンプーや育毛剤に並んで育毛ケアに人気の製品です。そのため育毛サプリは色々なメーカーから誕生しているのが特徴かもしれません。シャンプーや育毛に加えて育毛サプリの3点セットなども人気があります。育毛サプリの大きな特徴としては、昔に比べるとノコギリヤシを配合したサプリが非常に多くなってきているのが特徴です。ノコギリヤシを配合したサプリが増えてきてから人気が出てきており、知名度も上がってきています。以前も人気がありましたが、マイナー感が否めない印象がありました。ノコギリヤシの他にもカプサイシンやイソフラボンなどが配合されているサプリがあります。比較的種類が多く配合されているサプリが人気の様です。


育毛サプリが人気になってきている理由は?

 

記事一覧おすすめページ

油っぽい頭皮の臭い改善に良いスカルプ脂性シャンプーで人気なのは?

投稿記事の一覧について

油っぽい頭皮の臭い改善に良いスカルプ脂性シャンプーで人気なのは?

油っぽい頭皮を改善しようとしていく際にやはりスカルプシャンプーなどを活用していくのが大事になってきます。しかし皮脂量の分泌というのは肝臓が関わってくるので、食生活なども重要になってきます。肝臓は解毒作用があり非常に重要な器官ですが、アルコールなど暴飲暴食などする場合には皮脂の分泌量が変わってきてしまう事もあるかもしれません。また皮脂は油でもあるので、植物性オイルは常温では固まりませんがコレステロールなど多くとると脂性に近くなる場合もあるかもしれませんね。動物性たんぱく質を食べる場合には、肝臓以外にも腸内環境が悪化しやすいので、頭皮ケア用のスカルプシャンプー以外に腸内環境を整えると良いかもしれません。腸内環境はオリゴ糖など善玉菌を増やすことで体内に良い影響を与える事が出来ます。シャンプーも皮脂を取るためにアミノ酸系洗浄成分を使用したノンシリコンシャンプーなどを使用していくと良いですが、同時に抜け毛があったり、生え際の部分が薄くなっているなど状況が違うので、頭皮ケア用のスカルプシャンプーは万能性があるタイプがやはり一番重宝できます。