油っぽい頭皮の臭い改善に良いスカルプ脂性シャンプーで人気なのは?

 

頭皮のスカルプケアで重要なのは?

頭皮のスカルプケアで重要なのは?

頭皮の臭いが気になる場合には皮脂のバランスを良くするのが大事
男性の方が皮脂量がそもそも多い傾向にあるのは男性ホルモンが関係している

 

テストステロンが男性ホルモンの代表格ですが、5αリダクターゼという酵素と結びついてジヒドロテストステロンになることで髪の成長を阻害して薄毛になっていきます。

 

女性にも男性ホルモンは存在しますし、男性にも女性ホルモンが存在します。男性の場合には女性ホルモンはあまり使い道がないので骨密度を維持するために使われます。女性の場合には男性ホルモンも少し存在しますが、体毛などに関係しています。やはり皮脂量は男性の方が多いので、皮脂に関係する雑菌や雑菌自体が繁殖する事で皮脂の傷みが早くなり臭いなども出やすくなります。元々皮脂は頭皮を含めた身体を守る役割もあるので、衝撃などを和らげるという事もあります。また外部の臭いを含めた汚れなども吸着してしまうため。必ずしも頭皮の臭いは内部要因だけと限らない場合もあります。

 

皮脂が時間が立って酸化することも臭いに関係している?

油っぽい頭皮の臭い対策のスカルプケア方法

皮脂自体が酸化する事で臭いを放ちやすくなります。

 

リンゴなど少し外に置いておくと柔らかく色が変色しますが、同じような事が言えます。

 

年齢と共に雑菌などが繁殖しやすくなるのは、若色に比べると内臓なども関係してくるので、致しかないところもあるんですよね。

 

ですので、若いころに比べると脂っこいものが食べられなくなってきたなどあるように、シャンプーも頭皮の年齢を考えてシャンプーを選んで使用していくのが大事になってきます。

 

酸化してしまった皮脂は洗い流す必要が出てきます。

 

雑菌などの餌になり糞をすることで炎症が起きやすくなるので脂漏性皮膚炎などのリスクが高まるので、しっかり皮脂は洗い流して行く必要があります。

頭皮ケア用のシャンプーの選び方は?

頭皮ケア用のシャンプーの選び方は?

シャンプーごとに違いが大きいのが洗浄力という点です。アミノ酸系洗浄成分を使用していれば低刺激というのはあるかもしれませんが、洗浄力には違いがあります。

 

アミノ酸系洗浄成分を使用していればどれも良いかというとそうではなく、サルコシン系など旧表示指定成分に指定されているアミノ酸系もありますし、洗浄力が低すぎると皮脂量が多い場合には、頭皮がかゆくなる事もあるので、しっかり選ぶのが大切です。

 

スカルプシャンプーは育毛を考えている場合には良いの?

頭皮のスカルプケアで重要なのは?

育毛シャンプーは血行促進系の成分が含まれていることが多いかもしれません。育毛剤で配合されているセンブリエキスなどが配合されていることもありますが、育毛剤と同じような成分を使用していても洗い流してしまうという点や、洗浄成分と同時に配合されているので浸透するのは良くないというのがありますので、スカルプシャンプーを選んでも育毛シャンプーを選んでも大きな差はないと言えるでしょう。

スカルプ用シャンプーの主な特徴は?

スカルプ用シャンプーの主な特徴は?

メーカーごとに考え方は違いますが、スカルプシャンプーに配合されている成分で馬油や植物性オイルなど頭皮や髪に良い成分が配合されていることもあります。

 

なので、スカルプ用シャンプーでもヘアケア向きであったり、逆もあったりします。

 

ここ最近の傾向としては、サリチル酸やピロクトオラミンなど明確に殺菌作用が多く配合されてきているのを考えると頭皮の殺菌をメインに考えているというのもあるかもしれません。

 

皮脂量が多い時はこのように殺菌メインで考えるのも良いかもしれませんが、人間には自己調節機能が備わっているので、皮脂量のバランスが取れてきたら、殺菌メインではなくあまり負担がかからない通常のシャンプーなどを使っていく方が良いかもしれませんね。

油っぽい頭皮の臭い改善に良いスカルプ脂性シャンプーで人気なのは?

 

油っぽい頭皮の臭い改善に良いスカルプ脂性シャンプーで人気なのは?

油っぽい頭皮の臭い改善に良いスカルプ脂性シャンプーで人気なのは?

油っぽい頭皮を改善しようとしていく際にやはりスカルプシャンプーなどを活用していくのが大事になってきます。しかし皮脂量の分泌というのは肝臓が関わってくるので、食生活なども重要になってきます。肝臓は解毒作用があり非常に重要な器官ですが、アルコールなど暴飲暴食などする場合には皮脂の分泌量が変わってきてしまう事もあるかもしれません。また皮脂は油でもあるので、植物性オイルは常温では固まりませんがコレステロールなど多くとると脂性に近くなる場合もあるかもしれませんね。動物性たんぱく質を食べる場合には、肝臓以外にも腸内環境が悪化しやすいので、頭皮ケア用のスカルプシャンプー以外に腸内環境を整えると良いかもしれません。腸内環境はオリゴ糖など善玉菌を増やすことで体内に良い影響を与える事が出来ます。シャンプーも皮脂を取るためにアミノ酸系洗浄成分を使用したノンシリコンシャンプーなどを使用していくと良いですが、同時に抜け毛があったり、生え際の部分が薄くなっているなど状況が違うので、頭皮ケア用のスカルプシャンプーは万能性があるタイプがやはり一番重宝できます。