アミノ酸洗顔料で肌に必要な潤いを保とう

アミノ酸洗顔料

アミノ酸シャンプーは一般的にも良く知られていますが、洗顔料でもアミノ酸系洗顔料が人気になってきています。

 

洗顔料というと基本的には石鹸ベースが非常に多いものです。

 

シャンプーとかと違って髪があるときしんでしまう石鹸ベースのシャンプーがありますが、洗顔料の場合にはきしむところがないので、刺激が少ない石鹸ベースが良く使用されています。

 

アミノ酸洗顔料の特徴は洗浄力が温和であるという点です。毛穴ケアをしっかりしていくのが大切な洗顔の場合に洗浄力が強すぎると毛穴の汚れが取れる以上に肌に必要な潤い分も洗い流してしまいます。

 

アミノ酸洗顔料は洗浄力が温和という意味では汚れを浮かせる力が温和という感じです。

 

逆に洗浄力が強いというのは汚れなど浮かせる力が強いので、簡単に言うと肌に必要な潤い成分も浮かせて流してしまうというのが考えられます。

 

サッパリした感じになりやすいのですが、長期間使用していると肌の乾燥を招きます。

 

また洗浄力が強い方が毛穴の中の汚れがスッキリしやすいと思われがちですが、洗浄力よりも粒子が細かい洗顔料を使用したほうが毛穴の汚れには良いようです。

 

肌に必要な潤い感を残しておくことで肌の弾力性なども保つことが出来ます。乾燥しすぎた肌は弾力性を失い柔らかさもなくなってしまいがちです。

 

ですので、一番乾燥しやすい洗顔を質の良い洗顔料を使用してよりシンプルなスキンケアで済むようにしていきたいです。